Campaign & Topics

京都のおすすめ温泉

京都の天然温泉一覧

大原温泉 大原の里

京都にある大原三千院からすぐの緑と鴨川の源流が美しい静かな山間に民宿『大原の里』はあります。昔から受け継がれた自家製味噌を使った大原特製味噌鍋をや自然が生んだ新緑のアートと共に露天五右衛門風呂でゆるりとしたひとときをお過ごしください。

〒601-1248
京都府京都市左京区大原草生町41

大原温泉 湯元 旬味草菜 お宿 芹生

近くには大原三千院、寂光院、宝泉院等の観光地がある京都大原の料理旅館・宿 芹生では、ゆったりとお寛ぎいただける露天風呂・温泉、美しい日本庭園、京野菜や大原の山菜を活かしたお料理(京料理・懐石料理)で皆さまをお迎えいたします。

〒601-1241
京都府京都市左京区大原勝林院町22番地

大原温泉 湯元のお宿 民宿 大原山荘

大原で湯につかる。あまりなじみがないかもしれませんが、大原には知る人ぞ知る、優しい温泉があります。京都駅から約1時間ほど山間に入るだけで日本昔話に登場するような素朴で美しい自然が拡がります。観光地の喧噪がない山間に抱かれるように大原山荘はそっと建っています。

〒601-1248
京都府京都市左京区大原草生町17

京都北白川天然ラジウム温泉 えいせん京

北白川天然ラジウム温泉えいせん京は全室個室露天風呂付き客室です。オリジナルの京料理は絶品で 千年の都、京都が大切に守り続けてきた京野菜と厳選された魚介類は飲用許可の温泉水で調理しており、まろやかな水が、素材の味をひきたてます。

〒606-8294
京都府京都市左京区北白川地蔵谷1-125

不動温泉

レトロな温かい安らぎの空間で日頃の身体と心のお疲れをお取りください。昭和の雰囲気、不動温泉ならではのこだわりのお料理もおすすめです。

〒606-8294
京都府京都市左京区北白川地蔵谷町1-244

ホテルモントレ京都 13F 天然温泉スパ・トリニテ

京都文化の粋と英国文化の伝統が調和したホテルです。イングランド北方のスコットランドのアーツ&クラフトと古都エジンバラをテーマにデザインされており、京都とエジンバラは姉妹都市であるばかりでなく古い街並や伝統的な生活、文化などヨーロッパとアジアの美しい古都としてお寛ぎいだだけます。

〒604-8161
京都府京都市中京区烏丸通三条下ル饅頭屋町604

京都温泉 京湯元 ハトヤ瑞鳳閣

ホテルの地下910mから湧き出る天然温泉は、1億五千万年前の地質である丹波帯(岩盤層)より汲み上げられています。古代の海のミネラルが多く含まれているため、炭酸水素塩・塩化物泉の泉質となっており「美肌の湯」「温まりの湯」とも言われています。
古都のロマンを感じながら、ここにしかない趣深い京都の旅をご体験ください。

〒600-8234
京都府京都市下京区西洞院通塩小路下ル南不動堂町802番地

嵐山温泉 嵐山辨慶

嵐山辨慶は、京都嵐山の中心にありながら、日常とは違った特別な時間が流れています。ゆっくりとくつろげる貸切温泉や旬の恵みを取り入れたこだわりの日本料理、また特別な空間で至福のひと時を過ごせる旅館です。

〒616-8385
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町34

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都

京都嵐山にある「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」は、専用温泉露天風呂を配したスイートルームなど全39室の客室に、 レストラン・カフェ、プラベート スパ(貸切温泉露天風呂)を備え、その他スパサービスもございます。桜や紅葉の景色とともに贅沢な時間をお楽しみください。

〒616-8385
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12

嵐山温泉 彩四季の宿 花筏

京都で日帰り温泉・貸切風呂のご予約は【嵐山温泉 旅館 彩四季の宿 花筏】へ。嵐山温泉と絶景の眺めが味わえる展望露天風呂が楽しめます。渡月橋、南橋、嵐山、嵯峨野めぐりの観光拠点。京都の温泉旅館に宿泊するなら湯豆腐料理が美味しい「花筏」へ。

〒616-0004
京都府京都市西京区嵐山中尾下町57

京都嵐山温泉 渡月亭

京都嵐山で露天風呂付の老舗温泉旅館として、豊かな京情緒を楽しめる京の旅館-渡月亭。京都観光、嵐山嵯峨野散策、季節の京料理をお部屋食で楽しんでいただける嵯峨野の温泉旅館です。

〒616-0004
京都府京都市西京区嵐山中尾下町54-4

京都嵐山温泉 花伝抄

京料理をベースに嵐山の季節を表現する四季夕膳、さらに趣の異なる無料貸切露天風呂&大浴場。観光拠点へのアクセスも最高、京都・嵐山の旅をお手伝いいたします。

〒616-0003
京都府京都市西京区嵐山西一川町5-4

京都市内にある温泉の泉質

単純温泉

単純泉は比較的成分の薄い温泉で刺激が少ないのでお子様や高齢者の方にあった温泉です。

炭酸水素塩泉

温泉水にナトリウムが多く含まれている場合は入浴すると肌がヌルヌルになります。これは皮脂の鹸化がおこるためです。入浴あとはスッキリとした清涼感のあるのも特徴の一つです。

塩化物泉

海に囲まれている日本に多い泉質で保温、保湿効果に優れているので乾燥肌やアトピー改善が期待できます。

含鉄泉

鉄分を多く含む泉質で無色透明ですが、浴槽に入れると鉄分が酸化して濁り湯になります。比較的温まりやすく、冷え症など女性に最適な温泉といます。

放射能泉

ラジウム温泉と呼ばれいおり、無色透明で匂いもありません。

staff02

スタッフコメント

京都は古くから都として栄えてきましたが、京都市内には温泉文化が生まれたのはごく最近のことになります。温泉の掘削技術が格段にあがり、費用さえ出せば京都市内でも温泉が掘り当てることができます。しかし、京都市内で温泉が出るまでには約1,000メートルほど掘る必要があります。その費用は100メートルで1000万円ほどかかるようで、京都市内で温泉を汲み上げるまでは約1億円ほどかかる計算になります。

 

温泉地が多い日本ですが、どこもかしこも温泉がでるというわけではありません。砂や礫が堆積したような場所では掘っても温泉が出る確率は極めてたかいのですが、岩盤などの亀裂や断層にある温泉水を組み上げるにはそれなりの技術も必要で、湯量も少ない場合がありますが技術の発達もあり事前に電波調査など調べることで掘る前に確認することで温泉がでるのか、出ないのかが判断できるようになりました。

 

京都温泉は京都盆地の地下深く、ミネラル豊富な岩盤槽と京の名水が出会い結ばれた、物語のある温泉です。源泉は「丹波帯」という1億5千年前に形成された岩盤層の中で亀裂した場所から採取しています。「丹波帯」は兵庫県から滋賀県にかけての広い地域の基盤をなす地質帯で、海洋底で堆積したチャート・砂泥・泥岩・緑色岩類からなっています。

 

適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど、虚弱児童 など

Copyright @ KYOTO ONSEN All Rights Reserved.